プラネトカナールは、運送や保管の隙間を活用した"スロー配送サービス"を通して、
子供たちが微笑む瞬間のためにボランティア活動しているNPOです。
名前はプラネット上をゆっくり流れるモノを運ぶ運河をイメージしています。

下の文字の部分にポインタを合わせると表示されます。白くなったところ または 画像をクリックかタップするとジャンプします。

  • 子どもたちのためのプロジェクトに関心ある方
  • 子どもたちのためにモノを届ける活動を既にされている方
  • これから企画という方

  • 配送依頼会員とは
  • プラネットデュウPlanetDeW™による配送作業支援
  • 低価格・低炭素 スロー配送サービス
  • 配送依頼会員になると

  • スロー配送に向いているモノ
  • スロー配送に向いていないモノ

  • 私たちとコラボレーションしてみませんか

配送依頼のしかたやご相談は「お問合せ」ページから、お気軽に、まずは、お問合せください。もちろん、入会前でも大歓迎です。

お問合せにメールで回答いたします。メールのやり取りをしながら、可能であれば伺わせていただき、ご説明させていただければと思います。その際、ご検討中の配送依頼(準備作業やスロー配送)の内容について摺合せをさせていただき、具体的に配送物のサイズ、重量、個数、発生頻度、希望価格、希望納期など、手伝いが必要な配送準備作業の内容、その他ご希望などを確認させていただきます。
“カナール(運河)”などというと抽象的ですが、当法人は運び届ける作業のお手伝いをしたり低価格・低炭素の鈍行便サービスを提供するNPOです。

子どもたちのためのプロジェクトに関心ある方


次のような希望もお持ちの法人(NPO・NGO・企業・団体)や任意団体(同窓会・コミュニティ・大学に所属するサークル他)であれば、遠慮なくお問合せください。そして、配送依頼会員としての入会をまず、ご検討ください。(個人の方は一般会員としての入会をご検討ください。)

  • 『未来を担う子どもたちのための活動をしている or 活動したいと思っている。』
  • 『何かを子どもたちに寄贈するなら、どちらかというと最初から最後まで一貫して行ないたい。現時点で具体化していないが、いろいろ相談にのってほしい』
  • 『CSR活動として子どもたちのために当社の商品を寄贈したいが、寄贈だけでもよいか。』『子どもたちに寄贈するモノの代金を寄付したいが。』
  • 『勿論自分たちもいろいろな作業をするが助けてほしい』
  • 『時には他のプロジェクトの配送作業支援もするかもしれないし、もしかしたら配送や運営で少し協力できるかもしれない…』




既に活動をされている方、これから企画という方は
次をクリックかタップしてください。

子どもたちのためにモノを届ける活動を既にされている方 (クリックかタップで開きます)



既に子どもたちのための何らかのプロジェクトを実施されているかたも、お手伝いできます。お気軽にお問合せください。そして、配送依頼会員としての入会をまず、ご検討ください。


  • 『物資を配送するための作業が大変なので手助けが欲しい。』ボランティアによる配送準備作業支援希望
  • 低価格で低炭素な輸送に関心がある。今まで運べなかったモノも運べないか…』『はじめは共同プロジェクトで物流の隙間活用を試みてもよい…』

    ⇒低価格・低炭素のスロー配送サービス 希望


当法人は設立直後ですので、しばらく、よちよち歩きが続きます。海外プロジェクトに関しては今年はご一緒に共同企画の期間とさせていただきます。配送依頼主の要望にできる限り沿うかたちで、輸送や輸出、現地配達のいろいろな可能性も探り進めていきます。

これから企画という方 (クリックかタップで開きます)



『これから子どもたちのためのプロジェクトを企画したい (社会貢献活動の一環で、ボランティア活動などとして)』という方も大歓迎です。是非ご検討ください。

  • 『児童養護施設の子どもたちの18歳巣立ちに一人暮らし家電家具を贈って応援をしたい

   ⇒ 国内児童養護施設 18歳巣立ち(ひとり暮らし)応援希望

  • 『アジアの困難な状況にある子どもたちに学用品などを贈って支援したい』

   ⇒ アジアの子どもたち支援希望


当法人は設立直後ですので、しばらく、よちよち歩きが続きます。海外プロジェクトに関しては今年はご一緒に共同企画の期間とさせていただきます。配送依頼主の要望にできる限り沿うかたちで、輸送や輸出、現地配達のいろいろな可能性も探り進めていきます。

配送依頼 TOPLinkIcon

配送依頼会員とは

ボランティア配送作業支援や低価格・低炭素・スロー配送サービスを依頼するために入会する法人または任意団体の会員で、子どものためのプロジェクトにおいて、以下のサービスが依頼できます。

プラネットデュウPlanetDeW™による配送作業支援

プラネットデュウPlanetDeW™:プラネットカナールのボランティア

手間暇がかかり大変な配送準備作業をお手伝いします。ニーズやご要望に合わせ柔軟に対応します。

  • 傘下に入り作業支援
  • 要請があれば現場の作業マネジメントまで

低価格・低炭素 スロー配送サービス

リードタイムが十分とれれば大変お得です。(たとえば半年~1年)

  • 必要なら企画や協賛企業探しから
  • 協賛会員のご支援により
  • 部分的なサービスからシームレスに全体を繋ぐ ことまで
  • 仕向地での受取りや配達は 配送依頼会員か協賛会員で


配送依頼会員になると

ボランティア配送作業支援や低価格・低炭素のスロー配送サービスを依頼できるだけでなく、以下のような権利があります。

  • 会員限定facebookや参加者限プロジェクトブログ(Moment of Smile™)へアクセスできます。
  • ホームページ上に公開する年次報告書に加え、参加した個人は貢献年次累計(プラネットアワーズPlanetHours™)をメールで、法人・任意団体としては、依頼したり参加したプロジェクト貢献報告を報告書(CSRレポート) で受けられます。
  • 所属個人が希望し登録すればボランティア活動に参加できます。(法人・任意団体 年会費1万円の場合、10人まで入会金・年会費不要。個人の寄付は自由)

配送依頼TOPLinkIcon

法人・任意団体のご入会(申込)
次をクリックしてください。

スロー配送に向いているモノ

  • 緊急でないモノ
  • 文具・子供教育用品(例:実験キット)
  •  幼児用品・絵本 等
  •  古着・靴・傘
  •  蚊帳・テント・自転車 等
  • 品質がよいが処分されようとしている
  •  “もったいない”モノ
  •  “生活に必要な”モノ
  • 国内の場合は通常送料が高く緊急でないモノ
  •  児童養護施設向け家電家具等
  •  フェアトレード商品
  • その他 個別に判断

スロー配送に向いていないモノ

  • 緊急支援物資
  • 高いレベルの管理を要するモノ
  •  医薬品・医療品
  •  腐るモノ・生鮮食料品・冷凍食品
  •  高価なモノ 他
  • 運んではいけないモノ
  •  害を及ぼす麻薬
  •  毒、放射性物質、武器等
  • 運べないモノ(+運べないところ)
  •  (特に海外)重量・サイズが大きすぎるモノ

配送依頼TOPLinkIcon

法人・任意団体のご入会(申込)
次をクリックしてください。

私たちとコラボレーションしてみませんか

柔軟に:お客さまとなる配送依頼会員が企画するプロジェクトをベースに、具体的に必要な管理レベルを確認しお引き受けできるか個別に判断させていただきます。プラネットカナールPlanetCanal™がお役にたてると判断させていただいたことは、柔軟に対応しプロジェクトニーズに合わせながらお手伝いします。

コラボレーション:CSR活動などでは、参加する人びとの数が少しでも多くオープンで人々が参加しやすくなっていることが大事です。人が多ければ多い程、絶対的アウトプットの量は増えます。ビジネスの場合と比較して組織内と組織外の壁は通り抜けが容易です。世の中の課題が多すぎるため競争する必要もなく、一企業一団体で完結する必要もありません。NPOやNGOの活動もできるだけ自組織だけでなく、もっと連携できます一度、モノを運ぶ部分でプラネットカナールPlanetCanal™とコラボレーションしてみませんか。連携しながら、つながりを広げながら、できるだけ多くの人々で無理なく活動できるようにしていきませんか。お気軽にお問合せください

配送依頼TOPLinkIcon

運搬・配送を依頼される団体・企業の中に入って(クリックかタップで開閉します)

運搬・配達を依頼される団体・企業のお客さまと一体になってプロジェクトに参加し、荷物を届けるための作業をさせていただきます。

はじめは運搬・配達をお引き受けするというより、依頼されるお客さまの中に入り、一部作業をお手伝いするところからスタートさせていただきます。そして、お客さまのニーズや固有のやり方を習得し実績を重ねてベストの鈍行サービスが提供できるようにしていきます。

勉強させていただきながらプラネットカナールの手順を確立していきます。リスクの少ない将来への投資とお考えいただければ幸いです。どうぞご理解の程お願い申し上げます。

価格設定(クリックかタップで開閉します)

ボランティア配送作業支援の諸費用はプロジェクト毎に見積もり個別にご相談させていただきますが、ボランティア作業自体は無料です。

スロー配送サービスの場合もケースバイケースでのお見積りになります。

輸送の空き隙間スペースが使えなかった場合に備え:1箱あたりの価格は、市場価格(たとえば、現在NPOが海外に1箱運ぶために設定している額など)を基準にお見積り をさせていただきます。その範囲で収まるように工夫をしていきます。NPO/NGOにご利用いただけるように配慮させていただきます。

期間内に輸送の空き隙間スペースがあった場合:節約できたお金の大部分を精算時に引かせていただきます。期間内(例えば6か月~1年)の配送で通常配送に切り替えるぎりぎりまで、空き隙間スペースを待ちます。うまく、空き隙間スペースがあれば利用させていただきます。この分は協賛会員の方々の貢献となります。(貢献は金額でなく時間換算) 輸送空き隙間スペースに限らず協賛会員によるご支援をいただいた場合は同じです。

空き隙間スペースがなかった場合:通常配送に切り替え、期間内に配送できるようにします。通常配送に普通3か月かかる場合は3か月前に切り替えます。

低価格のヒミツ(クリックかタップで開閉します)

会員の力:低価格のヒミツは、"会員の皆さま" で、秘密でも何でもありません。ボランティアの人たちの力と思いのリレーに支えられ輸送・保管の空隙間スペースを提供いただくなど支援していただく協賛会員に支えられているからです。Non Profitなので実質実費だからです。利益が目的ではなくリターンやシェア・スケールも追わず、運営も会員の人たち支えられているからです。

シンプル:更にお金もないので、余計なお金を使わないようにシンプルに運営し、いろいろな工夫をしていくからです。運営に当たる人やオフィスなどの固定費、什器設備などの資産も最小限に抑え、スロー配送サービスの対価はできる限り多く配送のために使っていくからです。(ただし、スタッフは、はじめ、ボランティアやアルバイトにお願いせざる得ませんが、時期が来たら正規職員として処遇します。)

出荷までの保管(クリックかタップで開閉します)

基本:寄贈品の収集から配送準備が完了し出荷まで、基本的には配送依頼会員に荷物を一時保管していただきます

一時保管スペースがない場合:任意団体等で保管スペースがないような場合は、ひと箱ずつとか、手間暇はかかり管理は多少大変になりますが、配送依頼会員と一般会員による一時的分散保管を検討します。作業場所の近隣であることが好ましいですが、作業途中のモノの保管には有効です。

協賛会員の協力:協賛会員に提供いただければ、倉庫や部屋なども活用させていただきます。コンテナを置くスペースになると協賛会員提供のスペースが鍵になりますので通常は出荷直前にコンテナ借りて詰めます。保管は、ビジネスでもそうですが、大変クリティカルな要素です。待つための保管力はスロー配送にはなくてはならない力です。

輸送・配送に関わるリスク(クリックかタップで開閉します)

輸送・配送に関わるリスクについて予防策など事前に協議し、必要な手当てをします。

人間に関するリスク:人間に関する安全を最優先すること、犯罪や事故に巻き込まれるリスクなどに関し認識合わせを行ないます。そして、ボランティアの方々にはボランティア保険加入をお勧めし、必要であれば、まとめて手続き代行します。

モノに関するリスク:紛失・破損・盗難や犯罪に巻き込まれるリスク、事故に巻き込まれるリスクなどに関し認識合わせを行ないます。モノに関しては保険に加入するかは配送依頼会員が判断し加入することとします。また、輸送手段に荷積みした時点で配送依頼会員の責任となり、賠償責任等は負いかねますのであらかじめご了承ください。

費用に関するリスク:海外輸出の場合、保税倉庫を含めた輸送費用をベストエフォートで見積もりますが、変動要素をどう見るかはその時の状況は仕向国にもよります。プラネットカナールとしては追加の変動要素を吸収する力はありませんので、実費ベースで請求させていただきます。

作業や輸送・配送のお手伝いだけでなく(クリックかタップで開閉します)

会員限定:会員限定facebookを通じて、プロジェクトに関与した会員とコミュニケーションできるようにしたり、参加者限定プロジェクトブログで受けとった子どもたちの微笑む写真を共有できるようにします。

ボランティア参加:ボランティアを希望する所属個人を登録すれば一般会員と同様にボランティア活動に参加できます。基本年会費で10人まで入会金・年会費不要としますが、それ以上ご希望の場合はご相談に応じます。(NPO・任意団体の場合は30人までとします。) 個人としての寄付は自由ですので、是非宜しくお願いいたします。

配送依頼側にも:子どもたちのためのモノを寄贈するプロジェクトが企画されれば、配送依頼側にもなれます。

報告:ホームページ上の全体年次報告書に加え、シンプルですが依頼されたプロジェクトの報告を個別年次報告と一緒に受け取れます。

企画時点での贈るモノについての確認(クリックかタップで開閉します)

企画時点で子どもたちに贈るモノについて一緒確認させていただきます

  • 必要としているモノか?: 余っていてもったいないモノを活かす…という以前に
  • 喜ばれる品質のモノか? : 機能的に使えるか、クリーニング済か
  • 現地で使えるモノか?: 宗教や慣習・気候、電気、サイズなど現地の事情を考慮してあるか、そのままでは使えないモノは使えるようにしてあるか/現地で使えるようにできるか
  • 物質文明を押し付けていないか?: モノが少ない素朴な生活に、モノが溢れている社会の悪いところを押し付けようとしていないか

運び届けたいモノ(補足)(クリックかタップで開閉します)

こどもの教育を支援するモノ:学校の用品・学用品・文具・教材・絵本等。ほかに、ノート・鉛筆・シャープペンシル・替え芯・ボールペン、色鉛筆・クレヨンなどの文具、チョークなどの教室で使うモノ、絵本や図鑑、笛・ピアニカ・タンバリン等の楽器、サッカーボール、イベント用のプレゼント(UFOキャッチャーぬいぐるみでも) 等々






緊急でない子どもたちのための支援物資:生命に関わる緊急支援に続く、持続的支援のための物資。急がない子どものためのモノ。食料・医薬品等は管理レベルが高く無理。粉ミルクや井戸や水浄化等のための道具や、衣類・毛布・タオルケット・シーツ、テント・蚊帳など

子どもたちの生活に必要なモノ:受ける側で不足しているモノやあったら便利で うれしいモノ、かつ、送る側の家庭や企業・団体で 余っているいたり使えるが処分されようとしている”もったいない”モノ (ただし、新品でないモノは清潔で良質なモノ、機能して役立つモノ)。例えば、運動着、ジャージ、トレーナー、Tシャツ、ジーンズ、スニーカー。未使用のホテルの石鹸等のアメニティグッズ。忘れ物の傘や大きいモノだと自転車。どこでも使える使わなくなったアウトドア用品など

低炭素輸送(CO2抑制)について(クリックかタップで開閉します)

急がないので、可能な範囲でより低炭素輸送手段を使います。また、使われない空き隙間スペースを利用した場合は、使わなくても排出されるCO2にただ乗りするかたちです。厳密に言うと積荷の重量分だけはCO2は排出されますが、全体から言うと微々たるものです。
もし、低炭素輸送ができた場合は、どのくらい抑制できたか前提をおいた概算結果(目安)をご報告します

基本的算出の考え方

まず、どの基準数値を使い、どういう前提をおいた計算かを明らかにします。

空き隙間スペースを利用できた場合

  • CO2原単位 (使用燃料の一定量あたり、どのくらいCO2を排出するか)÷ 輸送手段の燃費 (積荷がない状態で使用燃料の一定量あたりどのくらい移動できるか)=その輸送手段(積荷なし)の距離当たりのCO2排出量
  • これに移動距離をかけ、輸送手段本体全体で排出したCO2量を出します。アバウトにいうと、例えば、ガソリン車小型トラックでは、ガソリン消費量(リッター)に対するCO2排出量を、その車がリッターあたり何キロ走るかで割ると、そのトラックの距離当たりのCO2排出量が出て、それに距離をかけると総排出量がでるという意味です。
  • 更に、全体輸送キャパシティーに対する利用した隙間スペースの割合をかけて、節約したCO2排出量を算出します。


また、まとめ配送による排出量抑制、モノの処分を先延ばししたことによる期間内のCO2排出量抑制も期待できます。

【補足説明】利用した隙間スペースとは、もともと空のままで使わずに捨てるところだったスペースです。であれば、その荷物は追加のCO2を排出せず運んだということになるのですが、厳密にいうと、そのスペースのために輸送手段本体が排出するCO2を新たに発生させずに済んだということです。貨物に関係なく、その輸送手段の分の話になります。全体積載スペース分の使用する隙間スペース分が出ると、論理的に便宜的計算が可能です。因みにスペースの基本単位は標準段ボール箱とそれを一定数積載するコンテナを想定しています。

より低炭素の輸送手段を利用できた場合(モーダルシフト)

  • より低炭素な輸送手段を利用した場合の差は、単純に、その積荷分スペースの輸送手段本体と積荷を合わせた排出量の差を算出します。


法人・任意団体の支部(クリックかタップで開閉します)

ご自分の法人・任意団体や地域をベースに一定の独立性とオーナーシップをもって同様の活動をはじめたい方は支部をご検討ください。海外現地法人でも、支社でも、ひとつの部門でも構いません。プラネットカナールが全面的にご支援します。

『まだ、全く白紙だが考えてみたい。』『CSR活動のひとつの候補として検討したい。』『既に子どもたちのための活動をしているが、モノを運ぶところを強化したい』などの方、まずは、気軽にお問合せください。

プラネットカナール全体としての信頼を構築しながら、小回りがきき、選んでいただきやすい小さなグループの連合体を目指しています。地域や企業・団体・コミュニティなどの支部の集合体にしていきたいと思っています。

シンプルなスロー輸送・配達は必要(クリックかタップで開閉します)

“モノを運び届ける”ために宅配業者などが工夫して、分かりやすいサービスを提供してくれています。ただ、プラネットレベルは、複雑なシステムに依存しすぎない運送や配送も必要だと思っています。シンプルでスローな輸送や配達も補完的に必要だと思っています。

プラネットデュウPlanetDeW™(クリックかタップで開閉します)

プラネットカナールのボランティアをプラネットデュウPlanetDeW™と呼びますdewは純粋で爽やかな” しずく”という意味で、モノを動かす 運河の流れも“一滴のしずくから”ということからきています。地味なスロー配送ですが、少しでも楽しんでPlanetDeW™が ボランティア活動に参加できるように工夫しています。

法人・任意団体のご入会(申込)
次をクリックしてください。

プラネットカナールについて、下の項目をクリックかタップすると内容が表示されます。
もう一度クリックかタップすると閉じます。

プラネットカナールは(クリックかタップで開閉します)


子どもたちが必要としているモノを、ボランティアの人々と、輸送や保管の空いた隙間を活用し低価格・低炭素で、急がずゆっくり運び届けるNPOです。非営利活動やCSR活動を様々な形でご支援いたします。また、受けとった子どもたちが微笑んでいる写真を関与した方々とシェアします。プラネットカナールという名前はプラネット上をゆっくり流れるモノを運ぶ運河をイメージしています。

スロー配送なので緊急支援には向きませんが、児童養護施設の子どもたちの卒業までの支援、恒常的にモノが不足している地域や長期間に及ぶ災害復興の中にいる子どもたちを支援する活動に向いています。

まず、日本国内プロジェクトとして、児童養護施設を巣立つ子どもたちに運びにくい一人暮らし用家電・家具を届ける活動を支援します。また、子どもたちのための物資を運び届けるための点検・仕分・梱包などの作業をボランティア会員によってご支援します。輸送にお金がかかり手続きも難しい海外の子どもたちに学用品などを贈る場合は、協賛会員に輸送や保管の未利用隙間スペースを提供いただき届けるご支援をしていきます。名実ともにプラネット上をゆったりで流れる運河サービスになっていきます。

「全ては微笑みに変わる瞬間のために」困難な状況にある未来を担う子どもたちが、微笑みに変わる瞬間をイメージし目指して活動します。

プラネットカナールは社会貢献活動を支援します(クリックかタップで開閉します)

団体・企業による未来を担う子どもたちのための社会貢献活動を支援します。自分たちだけで完結するのでなく、NGOやNPOはじめ、いろいろな団体・企業・コミュニティの活動を支援・連携させていただくことを選択しました。補完し合うことを大切にしていきます。

主な活動(サービス)(クリックかタップで開閉します)

会員の方々と、子どもたちを応援するプロジェクトのために、配送工程に特化して2つのサービスを提供します。

  • ボランティアによる配送準備作業支援(物資の点検・仕分・梱包等)
  • 輸送や倉庫等の空き隙間スペースを活用したより安くCO2を抑えたスロー配送サービス

協賛企業や団体やボランティアの力を借りて、プラネットカナールならではのサービスにしていきます。
プロジェクトでのコアチームの役割は、

  • 運び届けるプロジェクト全体を繋げる
    • 贈るひと~ボランティア~協賛企業・団体~受け取る子どもたち
    • 企画~モノの収集・配送準備~運搬~配達
  • ボランティアの隙間時間を集め、力を束ね、作業をコーディネートする
  • 企業・団体に協賛会員として、物流の隙間スペースを提供いただき、配送料を節約しCO2を抑制した配達ができるようにする
  • 子どもたちのMoment of Smile™(微笑みに変わる瞬間の写真)を共有して役立った感を持てるようにする
  • シンプルな手順やチェックリストを作成し活用する
  • 必要に応じ、協力企業団体を探したり、企画から運営までのお手伝いをする

目指すこと(クリックかタップで開閉します)

  • 必要とされているモノ(新品・中古品)を必要としている子どもたちのもとに届ける活動を通じ、未来を担う子どもの健全な成長や被災地域の復興などに寄与すること

地道にスタートしますが、大きなビジョンをもっています。

  • スロー配送を普及させ、今まで運べなかったモノも運び、子どもたちが必要としているモノをもっと多く運び届けられるようにしていきます。
  • ボランティアのひとびとが支えるプラネット上を毛細血管のように流れるスロー配送運河サービス網を構築し、子どもたちのスマイルに溢れ、自然やモノがバランスしているプラネットにしていく。

優先すること(クリックかタップで開閉します)

  • 児童養護施設を巣立つ子どもたちに一人暮らし用 家電・家具などを届けること
  • 世界の困難な状況にある子どもたち学用品や絵本などを届けること
  • 受取った子どもたちが微笑に変わる瞬間の写真を関与した会員と共有すること

特徴(クリックかタップで開閉します)

  • 敢えて、モノを運び届けるという大変なところに特化していき、その負担を軽減する ボランティア(プラネットデュウ PlanetDeW™)がお手伝い~
  • 束ねた ひとりひとりの思いと集めた空いた時間の断片が運河の推進力になる
  • 一般ボランティア会員は自分流に参加できる

  ・ボランティアは、空いた時間の断片を使って支援作業や運営に参加
  ・年会費・寄付を通じて貢献 等々

  • 協賛会員から提供された輸送や保管の隙間スペースを活用することにより、配送料を節約しCO2を抑制してモノを運べる
  • 関与し貢献した人たちと、Moment of Smile™(微笑みに変わる瞬間の写真)を共有し、役に立った実感が得られる
  • 最小限の間接費シンプルな運営でサービス持続性が高い

コアとしていくこと(他力+自力)(クリックかタップで開閉します)

プラネットカナールは他力で成り立っていますが、次のような自力を強くしていきます。

  • 隙間スロー配送:協賛会員のお力を借りながら、輸送保管の空き隙間スペースを活用し"slow"に運び届ける力
  • シンプル運営:複雑にせず"simple"に運営していく力
  • プラネットデュウPlanetDeW™:多くの自分流に参加するボランティアの方々が一緒に貢献できるよい場をつくる力

ただ、一般のビジネスのように自力+契約による協力関係だけでビジネスを遂行するのではなく、プラネットカナールPlanetCanal™は人びとの思いや善意の支援に頼り、会員のお力を借りながら他力で運営していきます。必要な契約は勿論結びますが。ヒッチハイクの配送業みたいなものです。そこが非営利の所以です。積極的に…というより、自然体で他力本願を心がけます。

設立当初のフォーカス(クリックかタップで開閉します)

  • 武蔵野市地域密着でスタート

  ・ご自分の地域で同様の活動を希望の方は、お問合せください

  • 設立当初の優先課題

  ・モノを運び届ける実績をつくりながらの学習
  ・楽しく安全なボランティア作業づくり
  ・受け取った子供たちのMoment of Smile™共有のしくみ
  ・要を押さえシンプル化した運営の手順とチェックリスト

ロゴについて(クリックかタップで開閉します)

プラネットカナールPlanetCanal™のロゴは3つの部分からできています。

  • まず、下の部分はプラネット、私たちが生きている地球を表しています。海・陸・生態系などいわゆる自然に覆われていますが、物質から成り立っていて、人間がいろいろなモノをつくっています。色は瑠璃色にしました。その上ででPlanetCanalがモノをゆっくり運び届けているのをイメージしています。
  • 上の部分は宇宙空間を表しています。プラネットを包含し、その一部であることを意識させます。プラネットの延長にあるので、同じ瑠璃色にしました。
  • 中間の黄色は人々の笑顔が地平線の向こうで輝いているイメージです。生命(いのち)の象徴で、その微笑みMoment of Smile™の輝きを表しています。

大事にすること (5S)
下の文字の部分にポインタを合わせると表示されます。白くなったところでクリックかタップするとジャンプします。

クリックするとジャンプします。